未知との遭遇

私は基本的に実証精神が強い方で、結構何でも「やってみなきゃ分かんないじゃん」って感じなんです。

好奇心も比較的旺盛な方ですし、いい歳して「新しいモノ好き」だったりもします。

とはいえまだまだ経験不足の青二才(初老ですが)…

知らないことや未体験のこともたくさんあるわけです。

今日は、昨日人生初体験した出来事のお話。

  

とは言っても、やりたくてやってみたわけでは無いんです、実は…

実際には止むに止まれず、いざその段になってどうしようも出来ないことに気付いちゃったからなんです。

なぜそうなる前に気づかなかったの…

でも気付いてたってどうにも出来なかったわけで…

これ、今現在の私の置かれた状況をご存知の方ならお察しいただけるのではないかと思います。

ご存知でない方には、また後日詳細をご報告しますね。

 

 

例えば、ある日突然彼の国からミサイルが飛んできたとします。

ミサイルがそこにあることは知っていました。

もちろんそのボタンを押せばいつでも発射出来る状態にあることも。

でもそりゃビックリしますよね!?

専守防衛なんて言って用意周到に準備していても、「来るぞ…来るぞ…」と身構えていても、いざとなったらやっぱりビビっちゃうもんです。

まさかホントに撃ってくるなんて…

まだ一回も撃たれたことないのに…

まさに青天の霹靂…

ちょっと解りにくいですか?

   

   

じゃ、もうちょっと身近な例で…

いつも通る近所の交差点。

絶対来るはずのない方向から、細い路地を猛スピードで逆走して来る車…

いやいや、そこ一方通行ですけど!!

これならどうですか?

多少はご理解いただけますでしょうか?

しかもソイツ、なんかウネウネ蛇行運転しながら突撃して来るんですよ!?

そこ一方通行なのに!!

こうなるともう恐怖しかありませんよね。

 

 

 

ウォシュレット初体験…

震える手で「おしり」ボタンを押してた私の姿は、絶対に想像しないで下さい。